女性型男性脱毛症治療を行っているクリニック比較公式ウェブサイト

少し伸びてきた白髪を隠す方法

人の髪の毛は、1か月の間に1〜3センチ伸びると言われています。美容院で白髪を染めてもらっても、2週間もしないうちに白い毛が気になり始めるという方は多いのではないでしょうか。

 

だからといって美容院へは頻繁に行けるものではありません。まず費用がかかります。トリートメント代やロング料金なども負担になると考えると、ますます行くことが難しいですよね。髪への負担も心配です。美容院で何回も白髪染めをしていたら、今度は抜け毛がひどくなるといったケースも珍しくありません。美容院の薬剤は髪の毛にも地肌にも大きなダメージがあります。

 

老化に伴う白髪は、一度白くなった後に黒くなる可能性は低いと言われています。つまり白髪対策に一番効果的なことは白髪を隠す事なのです。

 

少し伸びてきた白髪を隠す方法としておすすめしたいのが、マスカラのような細長い形状のポイント白髪かくしです。ドラッグストアやスーパーで簡単に手に入れることができます。人目が気になるという方は、インターネットでも購入できますのでご安心ください。

 

この白髪かくしのメリットは、大きく分けて3点あります。
1点目は、白くなった部分だけピンポイントで染めることができることです。他の元気な髪の毛を傷めません。
2点目は、育毛 シャンプー 女性 コスパの良さです。500円〜1000円ほどで手に入りますし、一度購入すると数年使用することができます。
3点目は、使いやすさです。この白髪かくしは、マスカラと同じように小さなブラシの形状となっています。お出かけ前に気になる部分をさっとひとなでするだけで、自然に白髪を隠すことができます。洗い流しも不要です。

 

このタイプの白髪かくしには、複数の種類がありますが、中でも「だんだん黒く染まる」という特徴がある物は特におすすめです。数日をかけて白髪を目立たなくしてくれます。

 

美容院へ行くまでの気になる白髪を上手く隠すことで、気分を明るく、髪にも優しく、日々過ごして行きましょう。

 

寝ている間に痛んでいく髪の毛

夜、寝ているときの髪の毛、みなさんどうされていますか?
ひとつにまとめて寝ている、はたまたそのまま、みつあみにしている、なんて方が多いのではないでしょうか。

 

起きている時には、トリートメントやヘアオイルなどで一生懸命ケアしているのになかなか綺麗にならないですし、枝毛も消えないんですよね。
寝ている時の髪の摩擦、これも痛みの原因のひとつなんです。

 

寝ている時、全く動かないなんて人はいないと思います。体の向きを変えたりして絶対動きます。その時にどうしても髪の摩擦が起こってしまうんです。

 

髪の毛は寝ている間に擦られてどんどん痛んでゆきます。そのまま、朝を迎えた時には、ご想像通り枝毛や困ってしまう寝癖へ変化してしまいます。
解決策の為にまとめてみたりするんですが、寝ているときに外れたり、縛りグセがついたり。

 

そんな時に、簡単に手軽に解決できるものを見つけました。
それは、「ナイトキャップ」です。

 

芸能人が使っていると話題にもなりました。
基本的な形状はシャワーキャップと同じで緩めの平ゴムで頭と髪の毛を覆うだけ。今では、筒型のものも人気のようです。

 

生地はシルク生地が一番良いとされています。シルクには髪の毛に良く、帽子としても通気性に優れています。
そんなナイトキャップを夜寝るときに被るだけで、本当に痛まなくなります。
へたなトリートメントなんかより効果を感じました。

 

値段はお手ごろのものから高級なものまで様々ですが、髪に痛みに悩んでいるなら一度、全身痩せエステ試してみることをお勧めします。
また、頭皮のベタつきやニキビのような出来物が気になる方は脂漏性脱毛症の疑いがあります。頭皮状態を良くする育毛剤から使ってみることをおすすめします。

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ